MENU

スキンタッグの対策について

さて、スキンタッグについて様々な情報をお届けしてきました。

 

ここでは再度確認、といった感じの内容になってしまいますが、改めて、対策についてご紹介していきたいと思います。

 

スキンタッグが出来てしまう原因は、もうお分かりになりましたでしょうか?

 

スキンタッグは、紫外線の刺激や、繊維の刺激、摩擦などの刺激などが原因でいつの間にか出来ているイボのことを指します。

 

一度できてしまったスキンタッグは、病院で取ってもらうもよし、日頃のスキンケアなどでコツコツとなくしていくもよしかと思いますが、なくなったからと油断をしてはいけません。

 

スキンタッグが再発しないようにするためには以下のようなことを気を付けてみてください。

 

 

◆生活習慣編◆
日頃の生活習慣、特に睡眠などは不規則ですと、お肌にも影響が出やすくなってしまいます。
そのため、なるべく規則正しい生活を心がけるようにするのが大切です。

 

睡眠、食事、適度なストレス発散を心がけましょう。

 

 

◆お風呂編◆
こちらは口をすっぱくしてお話ししてきましたね。
お風呂で使用するタオルはナイロンはNGです。
ナイロンのタオルをどうしても使用したいという方は百歩譲ってOKとして、ゴシゴシは絶対にやめてくださいね!
ゴシゴシとお肌に摩擦による刺激を与えることで、きれいにしたつもりがスキンタッグが出来てしまった・・・なんてこともあります。
また、使用するボディソープは弱酸性のものか石鹸がベストです。

 

 

◆スキンケア編◆
スキンケアはとても大切です。
デコルテ辺りのケアは、女性なら意外と行っているかもしれませんが、お顔が乾燥しやすいという方は、体質的に身体も乾燥しやすいです。
そのため、首などの保湿などもしっかりと行ってあげるようにしてください。
そして、ターンオーバーを促し、角質を取り除くなどといったスキンケア商品を使用するのがお勧めです。
バリア機能を高めてくれるものがあればなおいいでしょう。
朝、サボりがちな方は朝のケアもできるだけしてあげるようにしてください。

 

 

◆お洋服編◆
お洋服については、他の記事でも記載させていただいていますが、毛糸の繊維が痒くなるお洋服ってありませんか?
特にプチプラで購入したお洋服などは、よくある現象です。
まずは、これらの着用を避けるようにしましょう。
摩擦や繊維による刺激が減るだけでもスキンタッグの予防につながります。
どうしてもデートで着たい!といったときにのみ着てみたりするのはアリかと思いますので、そういった機会以外はなるべく、お肌に優しいルームウェアを着るようにしてくださいね。
また、ボディクリームなどで保湿をしてあげるのも一つの手かもしれません。

 

 

以上が日ごろから出来る対策となります。
日焼止め対策は記載しませんでしたが、こちらも怠らないようにしてくださいね!

 

まだできていないスキンタッグの予防は今からでもできます。
スキンタッグが出来ないような体質を意識的に作り上げていきましょう!

関連ページ

スキンタッグを治療するには?病院以外に方法はない?
スキンタッグを治療したいけど病院の他にやり方はあるのか?スキンタッグについてと治療の仕方についてご紹介していきます!
スキンタッグをイボコロリで取ることはできるの?
スキンタッグはイボコロリで改善できるのか?スキンタッグとはそもそもイボコロリを使用していい場所にできるものなでしょうか?
スキンタッグの原因は大きく分けて5つです
スキンタッグが出来てしまう原因って何だと思いますか?スキンタッグの気になる原因についてご紹介していきます。
スキンタッグとアクロコルドンの違いとは?
スキンタッグとアクロコルドンの違いについてご紹介します。スキンタッグの次は謎のアクロコルドン・・・人のお肌は未知ですね。
スキンタッグをはさみで取るのは大丈夫?
スキンタッグをはさみで取ることはできるのか?病院によってはスキンタッグをはさみで除去してくれるところもあるようですが・・・
スキンタッグを薬で治すには何を使えばいい?
スキンタッグ専用の薬はあるのか?スキンタッグはそもそも薬で治るようなのものなでしょうか?早速調べてみました。