MENU

スキンタッグにイボコロリはそもそも使える?

スキンタッグをイボコロリで治すことはできるのでしょうか?
実際にスキンタッグをイボコロリで治せるのか調べてみることにしました。

 

結論から申し上げますと、イボコロリではスキンタッグを治すことが出来ません。
というよりは、使用してはいけないのです。

 

イボコロリは皮膚の薄い部位や粘膜に使用することが禁止されている商品です。

 

理由としましては、イボコロリに配合されている成分に「サリチル酸」という成分があります。
こちらの成分がとても強い成分で、皮膚の薄い部位に使用すると、その周りの健康な皮膚まで傷つけてしまうことになり、余計にお肌がダメージを受けてしまうのです。

 

そのため、塗るタイプのイボコロリ、そして貼るタイプのイボコロリは使用することはできません。

 

その代わりといってはなんですが、イボコロリには飲むタイプのものがあります。
こちらはヨクイニン配合の錠剤となっているのですが、こちらならスキンタッグの解消に期待できるかもしれません。

 

とはいっても【スキンタッグを治療するには?病院以外に方法はない?】の記事でも書きましたが病院で直接治療をしてもらうよりは圧倒的に時間がかかります。

 

なので出来るだけ早めにスキンタッグをどうにかしたいという方はお金はかかりますが、病院でレーザー治療を受けることをお勧めします。

 

根気よく治す!
というのであれば錠剤のイボコロリと合わせて外側からのケアをしてあげる方が、より効果的です。

 

外側からのケア、つまり化粧品で改善するということですが、こちらの場合はどういった商品を選べばいいのでしょうか?

 

スキンタッグは摩擦や紫外線ダメージなどによってできるものなので、バリア機能を底上げしながら、角質ケアが出来ればOKです。

 

そのため、配合されていなければいけない成分は主に2種類です。

 

・ヨクイニン
・杏子エキス

 

この2種類の成分が配合されていれば、あとは毎日ケアをし続けるのみです!

 

こういったオールインワンゲルは販売されていますので、ご自分に合ったものを探してみるといいかもしれません。

 

両方配合されている商品になかなか出会えないと思った方は、ハトムギ茶を飲むのも一つの手かと思います。

 

蛇足ではありますが、私の知人にイボが出来てしまって、そのストレスで円形脱毛症になってしまった方がいます。
その方は、なんと、ハトムギ茶を1年間飲み続けて、どちらも改善されたそうです。

 

継続は力なりとは、こういうことなんですね。

 

また、皮膚科で取るといった手段も一つの方法です。
その時は費用がかかりますが、治し方の方法によっても異なりますので、自分が妥協できる治し方で皮膚科で取ってもらうといいですね。

 

一番リーズナブルなのは液体窒素ですが、液体窒素の場合は痛みが強い他、何度も通うといった面倒さがあります。

 

炭酸ガスレーザーであれば何度が通うことはあっても、痕は残りにくいです。

 

なお、スキンタッグは摩擦などの刺激にも弱いということですので、お洋服などにも気を付けると多少改善されるそうです。

 

毛糸のお洋服などを今時季だと着る方も多いかと思いますので、この機会にカシミアにしてみるなどの工夫をしてみると、変化があるかもしれませんね!

関連ページ

スキンタッグを治療するには?病院以外に方法はない?
スキンタッグを治療したいけど病院の他にやり方はあるのか?スキンタッグについてと治療の仕方についてご紹介していきます!
スキンタッグの原因は大きく分けて5つです
スキンタッグが出来てしまう原因って何だと思いますか?スキンタッグの気になる原因についてご紹介していきます。
スキンタッグとアクロコルドンの違いとは?
スキンタッグとアクロコルドンの違いについてご紹介します。スキンタッグの次は謎のアクロコルドン・・・人のお肌は未知ですね。
スキンタッグをはさみで取るのは大丈夫?
スキンタッグをはさみで取ることはできるのか?病院によってはスキンタッグをはさみで除去してくれるところもあるようですが・・・
スキンタッグの対策法いろいろ
スキンタッグの対策として何をしたらいいのか?スキンタッグの対策をご紹介していきたいと思います。
スキンタッグを薬で治すには何を使えばいい?
スキンタッグ専用の薬はあるのか?スキンタッグはそもそも薬で治るようなのものなでしょうか?早速調べてみました。