MENU

スキンタッグを薬で治すには

スキンタッグの対策についてなどはご紹介してきましたが、実際にスキンタッグになってしまった時、とりあえずの処置としてお薬を使用したいという方も少なくないのではないでしょうか?

 

今回はスキンタッグに効果が期待できそうなお薬を市販薬と病院でのお薬の両方からご紹介していきたいと思います。

 

まずは、市販薬についてご紹介します。

 

 

◆市販薬で期待できるものはあるのか?◆
市販薬をいろいろと調べてみたものをいくつかご紹介します。

 

・イボコロリ(錠剤)
スキンタッグをイボコロリで取ることはできるの?」の記事でも書きましたが、イボコロリは塗り薬や貼るタイプで有名ですが、現在は錠剤でも販売されており、主な配合成分はヨクイニンです。
そのため、スキンタッグなどにも効果が期待できるのではないかと思います。

 

・つぶぽろんナイトパッチ
こちらは塗り薬タイプのものですが、首などに使用しても大丈夫な商品となっています。
口コミを見る限りでは、ウイルス性のイボには効果があまり期待できないようです。
スキンタッグはお肌の老化現象が原因であるため、効果は期待できるといった見解です。

 

 

実は、首などの皮膚の柔らかい部位に使用することのできる市販薬というのはとても少なく、これらを探すのが限界でした。

 

他にも、オロナイン軟膏やイソジンといったものも挙げている方がいらっしゃったのですが、オロナイン軟膏は火傷や湿疹、しもやけなどに効果が期待できる商品であり、スキンタッグなどのイボには効果はあまり期待できないようです。

 

恐らく、スキンタッグの場合はウイルス性ではないから効果が期待できないのだと思われます。

 

また、イソジンはもともとはうがい薬ですが、ウイルス性のイボをなくすために使用している方もいらっしゃるようで、こちらを紹介している方もいました。
しかし、残念ながらスキンタッグにはイソジンは効果は期待できないでしょう。

 

 

次に、病院で処方されるお薬についてご紹介していきます。

 

 

◆病院で出されるお薬には何があるのか?◆
病院でスキンタッグを見てもらう場合、大抵が切除を行われます。
そうすると、スキンタッグを治すためのお薬というよりは、切除を行ったあとの炎症止めのようなお薬を処方されることが多いです。

 

炎症止めには飲むタイプと塗るタイプの2種類があるようですが、どちらもスキンタッグに直接効果が期待できるのではなく、傷口の治りを早くするにすぎません。

 

しかし、中には、ヨクイニン錠などを処方してくれる病院もあるようです。
ヨクイニン錠を病院で処方してもらうのと、市販でヨクイニンを購入するなら、どちらがお得なのでしょうか?

 

病院で出してもらえるお薬は実はこの程度のものです。
市販でも買えるじゃん。と思ってしまいますよね。

 

 

スキンタッグを治すためのお薬は意外と少ないのが現実なのです。
理由としては、お肌の老化現象が原因で起こる症状だからというのが挙げられます。

 

つまり、お薬に頼るよりも、日頃のスキンケアをコツコツと行っていけば新たなスキンタッグを生み出すことはないのかもしれませんね。

関連ページ

スキンタッグを治療するには?病院以外に方法はない?
スキンタッグを治療したいけど病院の他にやり方はあるのか?スキンタッグについてと治療の仕方についてご紹介していきます!
スキンタッグをイボコロリで取ることはできるの?
スキンタッグはイボコロリで改善できるのか?スキンタッグとはそもそもイボコロリを使用していい場所にできるものなでしょうか?
スキンタッグの原因は大きく分けて5つです
スキンタッグが出来てしまう原因って何だと思いますか?スキンタッグの気になる原因についてご紹介していきます。
スキンタッグとアクロコルドンの違いとは?
スキンタッグとアクロコルドンの違いについてご紹介します。スキンタッグの次は謎のアクロコルドン・・・人のお肌は未知ですね。
スキンタッグをはさみで取るのは大丈夫?
スキンタッグをはさみで取ることはできるのか?病院によってはスキンタッグをはさみで除去してくれるところもあるようですが・・・
スキンタッグの対策法いろいろ
スキンタッグの対策として何をしたらいいのか?スキンタッグの対策をご紹介していきたいと思います。