MENU

スキンタッグの原因はこの5つが主になります

スキンタッグと老人性イボの原因はとてもよく似ているようです。
スキンタッグの原因とはいったい何なのかをご紹介していきます。

 

◆原因その1◆
紫外線によるダメージが原因となってしまいます。
紫外線はお肌の老化現象を引き起こすので、まずは紫外線をカットする工夫をする必要があります。
紫外線はスキンタッグだけではなく、メラニンの生成によってシミやそばかすの原因にもなるので、特に女性は対策をしっかりと行っておきたいところですね。

 

◆原因その2◆
生まれつきの体質でスキンタッグになりやすい方もいらっしゃるようです。
こういった場合は、気を付けることといえば、着るお洋服を出来るだけ刺激の少ないものにしてみたり、夏場は肌の露出を抑えるお洋服を選ぶなどが好ましいです。
また、ネックレスなどのアクセサリーも体質によっては影響が出る場合があるため、こちらもしっかりとアクセサリーの質を選ぶ必要があります。

 

◆原因その3◆
お肌のバリア機能の低下が原因でスキンタッグが出来やすくなってしまうことがあります。
バリア機能の低下は、スキンタッグだけを生み出すわけではありません。
あらゆるお肌トラブルのもととなりますので、まずはバリア機能の底上げをしてあげるのが大切です。

 

◆原因その4◆
ターンオーバーの乱れもスキンタッグを引き起こす原因の一つです。
ターンオーバーというのは、年齢を重ねると自然に乱れてきてしまうものです。
それは、お肌が老化現象を起こしているためであり、何かしらの栄養が足りていない証拠です。
例えば保湿であったり、水分であったり、油分であったり、足りないものは人それぞれかと思いますので、一度デパートの化粧品コーナーで相談をしてみるといいかもしれません。
何が足りなくて、何を補えばターンオーバーを正常にすることができるのか、それでわかることがあります。

 

◆原因その5◆
摩擦です。
シンプルですね。
スキンタッグの主な原因の一つに摩擦があります。
摩擦はお肌に刺激を与える第一の原因です。
そのため、お風呂などでナイロンのタオルでゴシゴシと洗っている方は要注意です!
スキンタッグが出来ている方で、ナイロンのタオルを使用している方は、ナイロンのタオルをまずはやめるようにしてください。
タオルはできるだけ綿のものを使用し、洗うときはあまり刺激のない石鹸などで洗うのがベストです。

 

 

これらがスキンタッグを引き起こす原因たちです。
一つ一つ改善できるものからやっつけて行けば、スキンタッグも自然に減るかもしれませんが、どうしても現在あるスキンタッグが気になるという方は、今からでも遅くはありません。
スキンケアでお肌のバリア機能を上げつつ、お肌のターンオーバーを促し、健康なお肌状態を作り上げることでポロリとある日なくなっているかもしれません。

 

それでも気になるという方は、皮膚科での切除をお勧めしますが、皮膚科での切除は再三お伝えした通り様々ありますので、よく選んでくださいね!

 

関連ページ

スキンタッグを治療するには?病院以外に方法はない?
スキンタッグを治療したいけど病院の他にやり方はあるのか?スキンタッグについてと治療の仕方についてご紹介していきます!
スキンタッグをイボコロリで取ることはできるの?
スキンタッグはイボコロリで改善できるのか?スキンタッグとはそもそもイボコロリを使用していい場所にできるものなでしょうか?
スキンタッグとアクロコルドンの違いとは?
スキンタッグとアクロコルドンの違いについてご紹介します。スキンタッグの次は謎のアクロコルドン・・・人のお肌は未知ですね。
スキンタッグをはさみで取るのは大丈夫?
スキンタッグをはさみで取ることはできるのか?病院によってはスキンタッグをはさみで除去してくれるところもあるようですが・・・
スキンタッグの対策法いろいろ
スキンタッグの対策として何をしたらいいのか?スキンタッグの対策をご紹介していきたいと思います。
スキンタッグを薬で治すには何を使えばいい?
スキンタッグ専用の薬はあるのか?スキンタッグはそもそも薬で治るようなのものなでしょうか?早速調べてみました。