MENU

スキンタッグを病院や自宅で治療するには?

皆さんは「スキンタッグ」というものをご存知でしょうか。
スキンタッグとは、言ってしまえばイボの一種なのですが、主に首やわきの下、顔、目元、太ももの付け根など皮膚の柔らかい部位に出来るのが特徴です。

 

スキンタッグは従来の認知していたイボとは少し違い、摩擦が原因となってできることが多く、年齢は早い方で二十歳頃から発生する方も多いようです。

 

さて、そんな耳馴染みのないスキンタッグですが、どんな治療法があるのでしょうか?
順を追ってご紹介していきたいと思います。

 

 

◆治療の仕方について◆
治療の仕方は様々なものがあるようで、糸で縛り取ったり、はさみで切り取ったり、液体窒素で焼き切ったり、炭酸レーザーで取ったりと様々です。
ここでは、それぞれのメリットやデメリットをご紹介します。

 

・糸で縛り取る方法
こちらの方法は数日後の自然脱落を待つため、糸で取り切るのではなく、取れやすくするといった治療になります。
こちらの方法だと、痛みも少なく、出血の可能性も低く、さらに痕が残りにくいです。
ただし、スキンタッグの状態にもよるため、スキンタッグの状態次第では、この方法が適用されない場合もあります。

 

・ハサミで切り取る方法
こちらの方法もまた原始的な方法ではありますが、とても有名な方法かと思います。
ハサミで切り取る場合は、大きくなりすぎていないスキンタッグの場合に適用される治療法です。
こちらは、出血の可能性は多少ありますし、若干の痛みも伴うようですが、麻酔はなしで行います。
ただ、こちらは痕が残りにくいというメリットがあるようです。

 

・液体窒素で取る方法
大きくなってしまったものや、小さすぎてハサミで切り取ることが出来ない場合は、液体窒素を用いて除去します。
こちらは少々デメリットが多めです。
まず、人によりけりではありますが、強い痛みを伴う方もいらっしゃるという点です。
痛みが苦手という方は、あまり行いたくない治療ではありますね。
そして、大きさによっては数回に分けて治療を行うため、何度もその痛みを味わわなければいけないということです。
また、治療の範囲をコントロールできないため、健康なお肌にも影響が出てしまい、色素沈着を引き起こす可能性もあります。

 

・炭酸ガスレーザーで取る方法
炭酸ガスレーザーは麻酔をします。
そして、スキンタッグの盛り上がったところを、瞬時に蒸発させて焼き切るといった方法になります。
こちらは麻酔をするだけあり、痛みは伴わず、また、傷跡もあまり残らないため、顔などに出来てしまったスキンタッグに適しています。

 

 

◆それぞれの保険適用について◆
保険適用される・されないといった部分は、治療をするにあたって、とても重要視されるものかと思います。

 

ざっくりとお話ししますと、保険が適用されないのは「炭酸ガスレーザー治療」のみです。
そのほかのご紹介した治療法は大抵が保険適用対象です。
糸で縛られようと、ハサミで切られようと、液体窒素で焼かれようと、それらはすべて保険が適用される病院が多いです。
また、液体窒素の場合は傷の経過をよくするため処方箋が出ることもあります。

 

処方箋が出た場合は、できるだけ傷跡を残さないためにも、しっかりと用法容量を守って使用した方がよいでしょう。

 

 

◆費用・期間はどれくらいなのか?◆
それぞれ、費用や期間が気になるところです。
早速、調べてみることにしました。

 

・医療用ハサミで切り取る方法
こちらの費用は1000円程度となりますが、初診料、再診料、処方箋、薬代などの費用も別途必要となってきます。
また、スキンタッグの数にもよるため、多ければ多いほど治療の回数や費用などは増えてきます。

 

・液体窒素で焼き切る方法
こちらの費用は750円〜1000円程が目安となっていますが、こちらもまた初診料、再診料、処方箋、薬代などが別途かかります。
そして、こちらの場合は数回通うのは絶対条件であるため、費用は医療用ハサミで切り取る方法よりも増える可能性があります。

 

・炭酸ガスレーザーでの治療法
こちらは保険適用外になってしまうため、高いところでは3万程するところもありますが、残念ながら、炭酸ガスレーザーの場合は病院によって費用がまちまちであるため、一概にいくらとはいえないのがデメリットです。
ただし、こちらの治療法の場合は、数回通いはしますが、大きな治療は最初の一度で終了しますので、一番まともに費用がかかるのはその1回目かと思います。

 

 

◆痛みについて◆
痛みはそれぞれの治療で伴い方が人によって違いますが、目安としてご紹介しておきます。

 

・糸で縛って取る方法
この取り方の場合は、強い痛みは伴わないうえ、出血もあまりないそうです。
そして、数回通うことはなく、自然に取れるのを待つため、いつの間にか取れている感じです。

 

・ハサミで切り取る方法
医療用ハサミで切り取る場合は、麻酔はしません。
そのため、多少の痛みは伴うようですが、それほど強い痛みではないようです。
また、ハサミでの切除の場合は数回通うことも稀にあるようですが、一般的には何度も通っては除去するということはないようです。

 

・液体窒素で焼き切る方法
こちらの場合は、人によっては強い痛みを伴うこともあるようです。
さらに、液体窒素の場合は傷の経過を見ながら再度焼き切るということもあるため、痛みを何度も味わう覚悟が必要かもしれません。

 

・炭酸ガスレーザーの場合
この場合は、麻酔があるため痛みは伴いませんが、麻酔の費用が別途かかるのがネックです。
炭酸ガスレーザーで治療をする場合も傷の経過を見るため、数回通うことが約束されますが、傷は残ることはほとんどないようです。

 

 

ここまでは、病院などで除去する方法をご紹介してきました。
しかし、どれを見てもデメリットがちらつきます。
「痛み」という文字を見るだけで嫌だと思う方もいらっしゃることと思います。

 

そういった方は、自宅でケアをしたいのではないでしょうか?
実は、自宅でもケアをすることはできます。

 

自宅でスキンタッグを取る方法

スキンタッグの自宅でのケアはとても簡単です。

 

そもそも、スキンタッグというのは摩擦や紫外線などのダメージによってできるもので、角質のケアが大切になってくるのです。
ということは・・・角質ケアをすればスキンタッグは取れるということです!

 

ただし、スキンタッグを自宅でケアするとなると時間をかけて根気よく治していくというのが大前提ですので、長い目でみなければいけないのがデメリットかもしれません。

 

肌の露出が少ない冬からケアを始めれば、夏頃にはきれいになっていることと思いますので、今がチャンスですね。

 

こういったケアの仕方があるとなると、どのようなスキンケア商品を使用すればいいのか?というところが疑問になってきます。

 

私がお勧めしているのはイボケアでよく聞くヨクイニンや杏子エキスが配合された「艶つや習慣」というオールインワンゲルです。
このオールインワンゲルはとても優秀で、顔だけに使用できるものではありません。
全身に使用することが出来るのです!
さらに、年齢や性別を問わず、全世代が使用することができる商品なので、ご家族で使用することができるのも嬉しいですよね。

 

スキンタッグやイボといった悩みを抱えている方には、ぜひ一度艶つや習慣を試してみてほしいと思います。

 

というのも、艶つや習慣は、スキンタッグやイボのケアをするだけではなく、お肌のターンオーバーも促してくれるオールインワンゲルなので、乱れてしまったターンオーバーをもとの状態に戻せる絶好のチャンスというわけです!

 

ターンオーバーが正常になると、スキンタッグなどが出来づらい体質になります。
そうすると、スキンタッグなどの再発を免れることが出来るということです。

 

ここで注意点が一つあります。
イボの場合は艶つや習慣を根気よく使用することがお勧めですが、スキンタッグの場合は摩擦などの刺激でもできるものなので、洋服などにも気を配るようにしてみてください。
洋服は繊維などの刺激があまりないものを選ぶなどすると、より艶つや習慣の効果を実感できるかもしれません。

 

着たいお洋服を着ることが出来ないとなると少々さみしい気がしますが、治ったらまたチャレンジしてみればいいので、現在スキンタッグなどで悩んでいる方は、ぜひお洋服の選び方や生活習慣などを見直してみてください。

 

スキンケアや服装など外側のケアばかり書きましたが、ヨクイニン錠なども合わせて飲んで内側からもケアするのがよりお勧めです。

 

そして、様々なスキンタッグの取り方についてご紹介してきましたが、これが気になるなどといった項目があれば、ご自分でも調べてみるといいかと思います。

 

なお、艶つや習慣の場合は公式サイトがありますので、そちらで詳細を知ることが出来ます。

 

艶つや習慣は公式サイトで購入すれば、今ならとてもお得に購入することができるようなので、この機会にぜひ試してみてください。

 

私自身、艶つや習慣に救われた一人なので、こちらの商品はかなりお勧めです。
疑問などがある場合も、Q&Aが公式サイトには掲載されていますし、口コミも掲載されているので、参考にしてみてくださいね。

 

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら

関連ページ

スキンタッグをイボコロリで取ることはできるの?
スキンタッグはイボコロリで改善できるのか?スキンタッグとはそもそもイボコロリを使用していい場所にできるものなでしょうか?
スキンタッグの原因は大きく分けて5つです
スキンタッグが出来てしまう原因って何だと思いますか?スキンタッグの気になる原因についてご紹介していきます。
スキンタッグとアクロコルドンの違いとは?
スキンタッグとアクロコルドンの違いについてご紹介します。スキンタッグの次は謎のアクロコルドン・・・人のお肌は未知ですね。
スキンタッグをはさみで取るのは大丈夫?
スキンタッグをはさみで取ることはできるのか?病院によってはスキンタッグをはさみで除去してくれるところもあるようですが・・・
スキンタッグの対策法いろいろ
スキンタッグの対策として何をしたらいいのか?スキンタッグの対策をご紹介していきたいと思います。
スキンタッグを薬で治すには何を使えばいい?
スキンタッグ専用の薬はあるのか?スキンタッグはそもそも薬で治るようなのものなでしょうか?早速調べてみました。