MENU

スキンタッグとアクロコルドンは何が違うのか?

イボにも様々な種類があるようです。
私も最近知ったのですが、皆さんはスキンタッグとアクロコルドンをご存知でしょうか?
また、違いはお分かりになりますでしょうか?

 

正直、私はわかりませんでしたので、調べました。
参考にしていただけると幸いです。

 

 

◆スキンタッグの特徴◆
スキンタッグは、大きさは3mm〜5mm程のもので、首、顔の皮膚の薄い部位に出来るといわれています。
色は肌色のものから茶色っぽいもの、黒っぽいものとまた様々あるようです。
平たいものもあれば、盛り上がりのあるものもあるそうで、原因は依然にご紹介した記事に記載していますが、主に紫外線や摩擦といったダメージが原因です。
発症する年齢は早い方で20代から発症するといわれています。

 

 

◆アクロコルドンの特徴◆
アクロコルドンは顔に出来るということはめったになく、主に首などの皮膚の柔らかい部位に発症します。
色は肌色をしており、大きさは大きくても3mm程度といったところでしょうか。
形はスキンタッグと同様、平たいものもあれば盛り上がりのあるものもあるそうです。
こちらは肥満体型の方や、高齢の女性に多くみられるものだそうで、ネックレスなどの摩擦が原因と言われています。

 

実はそこまで大きな違いはないように思えます。
ただ、発症する年齢や体型などに相違点があるようです。

 

では、逆に共通点はなんなのでしょうか?

 

スキンタッグとアクロコルドンの共通点はズバリ、ダメージに弱いという点です。
そのため、この2種類のイボを調べている際に、ネックレスという単語や紫外線、ターンオーバーなどといった単語をよく目にしました。

 

つまり、スキンタッグもアクロコルドンも、紫外線や摩擦に弱く、刺激を与えれば与えるほど増えてしまうというのが大きな特徴です。

 

しかし、この2種類のイボは治し方も共通しています。

 

皮膚科や病院などで取る場合は、液体窒素や炭酸ガスレーザー、医療用ハサミなどを使用して取る方法があります。

 

自宅でのケアで治す場合は、バリア機能の底上げをしながらターンオーバーを促し、お肌を健康な状態へと導きながらイボを取り除くといった方法です。

 

ここまで丁寧に記事を読んでいただいている方は、もうお分かりかとは思いますが、もしも自宅でケアをするのであれば、ヨクイニンと杏子エキスが配合されているスキンケア商品を使用するといいでしょう。

 

この2種類の成分はそれぞれしっかりと役割があり、ヨクイニンはターンオーバーを促す作用があります。
杏子エキスにはお肌のバリア機能を底上げする力があります。
また、杏子エキスはイボの形状を変えて、取れやすくする作用もあります。

 

この2種類の成分どちらも配合されている商品を見つけられないという方は、私のおすすめがありますので、ぜひサイト内をご覧ください。

 

スキンタッグやアクロコルドンなどができないように、お肌を清潔にしていよう!というのが実は大きな落とし穴です。
お風呂で体を洗う際は、ナイロンのタオルは使用しないようにしましょうね。

 

関連ページ

スキンタッグを治療するには?病院以外に方法はない?
スキンタッグを治療したいけど病院の他にやり方はあるのか?スキンタッグについてと治療の仕方についてご紹介していきます!
スキンタッグをイボコロリで取ることはできるの?
スキンタッグはイボコロリで改善できるのか?スキンタッグとはそもそもイボコロリを使用していい場所にできるものなでしょうか?
スキンタッグの原因は大きく分けて5つです
スキンタッグが出来てしまう原因って何だと思いますか?スキンタッグの気になる原因についてご紹介していきます。
スキンタッグをはさみで取るのは大丈夫?
スキンタッグをはさみで取ることはできるのか?病院によってはスキンタッグをはさみで除去してくれるところもあるようですが・・・
スキンタッグの対策法いろいろ
スキンタッグの対策として何をしたらいいのか?スキンタッグの対策をご紹介していきたいと思います。
スキンタッグを薬で治すには何を使えばいい?
スキンタッグ専用の薬はあるのか?スキンタッグはそもそも薬で治るようなのものなでしょうか?早速調べてみました。